腸内環境を良くするには|身体の内側から綺麗になろう

カラダの中から美しく

水と薬

美容は腸内から

腸内にはたくさんの細菌が住み着いています。この腸内に存在する「善玉菌」と「悪玉菌」という細菌のバランスが取れている状態が、腸内環境が整っている状態であるといえます。腸内環境のバランスが崩れ、悪玉菌が増殖すると様々な症状がでてきます。便秘や肌トラブルが代表的な例です。便秘になってしまうと、体外に毒素を排出しづらくなります。これにより肌荒れやニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。女性の美意識が高まる昨今、この腸内環境を整えて「カラダの中から美しく保ちたい」という女性が増えています。腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やす必要があります。善玉菌を増やすための方法として、食生活の改善は欠かせないポイントです。

善玉菌を増やす食生活を

腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やしてやる必要があります。善玉菌を増やすためには、食物繊維の摂取が効果的です。食物繊維は、悪玉菌が作り出す有害物質を排出してくれるものとして有名ですが、善玉菌を増やすための栄養素としても働いてくれます。食物繊維を積極的に摂取するように心がけましょう。また、ビフィズス菌の摂取も腸内環境を保つためには効果的です。ビフィズス菌には悪玉菌の増殖を抑えて、腸内の環境を整えてくれるはたらきがあります。腸の扇動運動を活発にさせる効果もあるため、便秘の予防にも大変効果的です。ビフィズス菌は、食事から直接摂取することが効果的です。ヨーグルトなどの乳製品に含まれております。ただし、摂取したビフィズス菌の多くは腸内に到達するまでに死んでしまいます。生き残ったビフィズス菌を増やすためには、オリゴ糖を同時に摂取することが効果的です。